婦人科検診GYNECOLOGICAL CHECKUP

早期発見・早期治療で、
いつまでも笑顔を。

どんな病気も、とにかく早く見つけることが、悪化を防ぎ負担を軽減することに繋がります。女性ならではの病気を防ぐために、産婦人科検診を受けるようにしましょう。

子宮頸がん検査

子宮頸がんは、子宮の入口にできるがんで、その原因のほとんどはヒトパピローマウイルス(HPV)感染です。ただし、感染したとしても定期的に検診を受けておけば、がんが発生する前に予兆を見つけて早期に治療を開始することが可能です。近年は20代で子宮頸がんを発症する方が増えてきましたので、若い方も自分が当事者であることを認識して、検診を受けるようにしましょう。

検査方法

子宮頸がんの検査では、子宮頸部から細胞を採取して、それを顕微鏡で観察します。なお、当クリニックには細胞検査技師と細胞診の専門医がいるため、院内で素早くかつ精度の高い診断が可能です。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんを予防するためには、ワクチン接種が有効です。当クリニックでも実施していますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

子宮体がん検査

子宮頸がんは子宮の入口にできるがんでしたが、子宮体がんは子宮の中にできるがんです。特に中高年者の発症率が高く、患者数も増加傾向にあります。他の多くのがんと同様に、初期のものほど治りやすいため、定期的に検査を受けておくことが重要です。特に不正出血が見られる方は、早めに検査を受けてください。 

検査方法

子宮内膜の細胞を採取し、顕微鏡で診断します。

超音波検査

超音波検査では、子宮内膜の厚さを調べ、子宮の状態を把握することができます。子宮筋腫、子宮嚢腫、子宮体がんなどの早期発見に有効ですので、少なくとも年に一度は超音波検査を受けるようにしましょう。

卵巣腫瘍検査

卵巣にできる腫瘍には、多くの種類があり、悪性のものも良性のものもあります。年代を問わず発症するのが特徴で、悪性のもの、つまりがんは増加してきています。膣の中に細い管を入れて行う超音波検査で早期発見することができますので、年に一度は検査を受けておくのがお勧めです。

  • オンライン予約オンライン予約
  • 院長ブログ
院長ブログ
  • 院長イラスト作品展示室院長イラスト作品展示室