院長ブログDOCTOR

2014.02.24更新

不妊に悩む方は多いですね。
近年は体外受精や顕微授精といった新しい治療法で妊娠される人も多くなってきました。
でも漢方薬を服用しながら不妊治療をすると効果的なんですよ。


不妊治療で有名な寺師睦宗先生の本から先生がよく使用された漢方薬を紹介します。



体質 代表的な漢方薬
虚弱体質で貧血  タイプ 当帰芍薬散
足腰が冷え腹部が 痛むタイプ 当帰四逆湯
胃腸が弱いタイプ 小建中湯    六君子湯
中肉中背で血流の 悪いタイプ 桂枝茯苓丸
中肉中背でおなかが張るタイプ 折衝飲
みぞおちから脇腹が張るタイプ 大柴胡湯合   桂枝茯苓丸
余分な水分が多い タイプ 防已黄耆湯


このほか加味逍遥散温経湯など卵巣の働きを助け妊娠しやすくなる漢方薬はたくさんあります。
西洋医学的な不妊治療と併用するといいと思いますよ。
 

投稿者: 医療法人社団川口レディースクリニック

  • オンライン予約オンライン予約
  • 院長ブログ
院長ブログ
  • 院長イラスト作品展示室院長イラスト作品展示室