院長ブログDOCTOR

2013.07.29更新

統計をとると女性は男性より排便回数が少なく、便秘の人が多いそうです。女性は腹筋が弱く、排便時に十分な腹圧がかからない、羞恥心のため便意を我慢してしまうことがあるといった理由が考えられます。そしてホルモンの影響も見逃せません。月経周期の真ん中で排卵が起きると黄体ホルモンが卵巣から分泌されます。黄体ホルモンは腸管運動を抑制する働きがあるので月経前には便秘に悩む人が増え、そのために肌荒れもひどくなります。月経開始とともに黄体ホルモンが減少し、便秘が解消され、人によっては下痢になったりします。更に妊娠中はホルモンの影響や増大した子宮のせいで便秘に悩む人が増えます。
また高齢になると腸の運動能力が低下して便秘の人が増えます。年令や体質を考えた下剤が必要です。

投稿者: 医療法人社団川口レディースクリニック

  • オンライン予約オンライン予約
  • 院長ブログ
院長ブログ
  • 院長イラスト作品展示室院長イラスト作品展示室